京友禅

着物 友禅には、大きく分けて、大島紬などの織りの着物と友禅などの染めの着物があります。

 

ここでは、生糸を反物に織りあげた後で染めた「後染め」と呼ばれる着物のブランドである「京友禅」について述べていきます。

 

日本独特の着物ブランドである「京友禅」は、江戸の元禄時代に京に住んでいた扇面絵師の「宮崎友禅斎」という人物によって始められました。その人の名前から「友禅染」と呼ばれるようにkなり、手書き友禅として有名なものとして、「京友禅」「加賀友禅」「東京友禅」の3つがあり、「三大友禅」と呼ばれています。

 

このうち、京友禅は京都で染められる友禅染のことで、遠目で見てもはっきりとわかる模様が特徴的で、花鳥風月を優美にデザインし、華やかな彩りで、色鮮やかに描かれ「手描き友禅」と呼ばれます。

 

古典柄では、御所車や有職模様など、伝統的な文様が描かれています。また金銀の箔や刺繍などが入るのも特徴で、留袖や色留袖などのおめでたい着物によく見られます。
京友禅では、加賀友禅とは模様の描き方が異なり、中心を濃く描き、外へいくほど薄くぼかした手法を用います。

 

主に草花をモチーフにして、黄色を含む朱色系の色使いが基本です。全体に「はんなり」と表現されるイメージが好まれ、仕上げには金箔加工や刺繍が用いられます。

 

京友禅の工程は、14工程ほどありますが、それぞれの工程が専門家により分業化されており、日本が誇る「染色工芸品」の一つです。

 

東京友禅

 

東京友禅とは、東京手描き友禅、東京染友禅とも呼ばれ、古くは江戸時代から続く着物のブランドです。
渋く、落ち着いた色合いの着物の中に、独創的でセンスのある柄が入るのが特徴です。

 

その歴史は長く、江戸時代のはじめ、京都からやってきた染め職人や、手書き絵師などが江戸に移り住み、着物を作りはじめたのがきっかけとなります。そして段々と京都だけでなく、大都市となっていく江戸には様々な地域から多く職人達がやってきました。

 

そうした様々な地域の技法や技術が合わさって作り上げられていきました。

友禅買取

 

そうした職人たちがつくる着物は庶民の間でも徐々に広まり、江戸の人々の独創的で都会的なセンスによって、築きあげられていきました。そして長い間、職人達がその技術、技法を伝承させてきたものです。

 

そうして、江戸が東京に名称が変わり、時代が移り変わっても、今日まで大切にされてきた都会的で先進的なセンスを感じさせる東京友禅は、国内外でも高く評価を受ける日本を代表する着物ブランドです。

 

また、その歴史と、高い技術が評価され、日本を代表する伝統工芸としての評価も高くなっており、
経済産業大臣指定や東京都知事指定の伝統工芸品に認定されています。

 

 

捨てるのはもったいない!思い出の着物 友禅をお金に変える方法

 

着物 友禅は日本の伝統行事に深く根付いている正装ですが、洋服の着用が日常化している現在においては普段使いが難しいアイテムの一つです。いつか着るかもしれないと大事にしまっていても、箪笥の肥やしになってしまうと収納スペースの幅をとりますし、適切な対処が必要になってきます。
しかし様々な行事で着た思い出が詰まっている着物 友禅だからこそ、安易に捨てられません。

 

リサイクル業者へ買い取ってもらうメリットは、手元から離れるのは一緒でも、他の着物 友禅を必要としている人のもとに行ってくれるイメージが強いでしょう。
しかも多くのリサイクル業者が設定する着物の買取料金は、大事に着物を扱っていればいるほど高くなるように設定されています。

 

未使用品でしつけ糸がついている商品の友禅買取料金が高いのは言うまでもありませんが、その他にも汚れの少ない中古品なども友禅買取料金が期待できます。
反対に今まで大事に使いこんできたものだと、生地などが傷んでいて中古品としての値打ちが低くなるケースもあります。そのような場合は着物をアレンジしてリサイクルする業者の利用も検討しましょう。

 

着物 友禅の傷んでいない部分の生地を利用して、ドレスや可愛らしい小物に返信させるリサイクル方法も存在するためです。