捨てるのはもったいない!思い出の着物をお金に変える

今の時期に、衣替えをする方が多いです。衣替えをしていると不要な服がたくさん出てきたりします。そしてそれは洋服だけではありません。整理をしていると着なくなった着物が出てきます。

 

着なくなった着物を捨てるのはもったいないけれど、このまま置いておくのは邪魔だなという思いを持たれている方が多いと思います。
また管理を怠るとカビが生えてきたり変色したりということにもなりかねません。着物の管理は大変です。

 

そんな時に使えるのはリサイクルです。リサイクルをすればお金に変わりますしまた新たな人に着てもらえます。そんな着物をリサイクルに出す際に一番気になるのは買取料金です。着物は流行などがわかりづらく価格が付けにくいものなのですが、着物のプロが買い取りしている所なら適正な価格で査定してもらえます。

 

また着物を高く買い取ってもらえるポイントとしては、シミなどの汚れがついていないことになってきます。やはり洋服でもそうですが、シミなどの汚れがあると料金にかかわってきます。どんなにいい生地を使っていても、シミなどがついていたら料金が安くなってしまいます。その際は器用な方だったら自分でシミをとったり、友人に頼んでクリーニングをしてもらうなどをして極力シミをとってから買い取りに出すようにしましょう。

 

 

コラム アンティーク着物

 

アンティーク着物とは、明治から昭和初期にかけて当時の人が着用していた着物で、現代の着物に比べ色柄が鮮やかなのが特徴です。

 

生地だけを見ると非常にサイケデリックな印象があり、着物として着用するには派手すぎるという印象を持つ人が多いほどですが、着物として着用するとその鮮やかな色柄が独特の風合いを生み、また模様として大きな流れを持った存在感を醸し出すためとても美しく見える着物として、現代でも非常に重宝されているものです。

 

着物買取りにおいてもアンティーク着物は非常に高値で取引されることが多いものです。

 

第一に素材が良く、実際に着用されていたものであれば100年以上前の物も存在するためその丈夫さと褪せない色合いがより高い評価を生んでいるのです。

 

更には、現代ではなかなか出すことのできない色合いの物も有り、その丈夫さと存在感、一点ものである希少さからより高値がつくものも有ります。

 

アンティーク着物の存在感は、現代の最先端のファッションに於いても独特の存在感を放つため、若い人にとっても非常に人気が高く、また現代の洋服と組み合わせて着用しても違和感のない色柄が人気の高い要因でもあります。

 

その為、着物買取りに於いても非常に人気が高いものとなっています。